借金の相談は弁護士?司法書士?

最近テレビやラジオのCMなどで、借金の過払い金が戻ってくるという内容のものが流れているのを良く目にします。そして、その相談には弁護士や司法書士へ相談をという流れになっているのですが、現実的に過払い金の問題だけではなく借金全般の相談については弁護士にすればいいのか、それとも司法書士にすればいいのか分からないものではないでしょうか。

離婚のこと(財産分与・養育費・慰謝料など)について相談したい。 | 相模原市

弁護士と司法書士は同じ法律を扱っているとはいえ、資格も違えば扱っている範囲も違ってきます。ですから、借金の相談においてもケースバイケースで弁護士に依頼してメリットがある場合と、司法書士に依頼してメリットがある場合と分かれてきます。

司法書士 郡山

さて、借金の相談における弁護士と司法書士の違いとして一番大きなものは、案件として扱える債務の金額に縛りがあるか否かです。一般的に弁護士にはどのような法律の代理行為を行うにおいても、それほど縛りは存在しません。しかし、司法書士においては請け負う案件で取り扱う金額が140万円を超えてはならないという縛りがあります。ですから、借金問題において140万円を超えるようなものであれば弁護士に相談するしか方法はありません。しかし、司法書士でも借金の問題を取り扱っている事務所は多くありますから、全く相談ができないというわけではありません。それに、司法書士の場合であれば弁護士のように相談料をとられることがあまりありませんので、比較的安価に借金の相談を依頼することができます。

多重債務トラブルQ&A 野洲市ホームページ

以上の点から、借金の相談は大きな金額の問題であるならば弁護士に依頼するべきでありますが、それほど大きな額では無い借金であるならば司法書士に依頼するべきだと言えるでしょう。