故障しないために気をつけていること

以前に給湯器が故障して数日間お風呂に入れなくなったことがある経験から、我が家ではできるだけ給湯器が故障しないために気をつけていることがいくつかありあます。故障した給湯器はガスのものでしたが、それから買い替えていまは灯油を使用した給湯器を使用しているので、前に故障した時とは勝手が違うかもしれませんが、ここ10年は振り返っても給湯器が故障したことはありません。


私たち家族が気をつけている給湯器の使い方として一番重要なものは、長期不使用を控えることです。給湯器は使用していない期間が長くなればなるほど故障のリスクが高まります。特に冬場なんかだと給湯器内にある水が凍りついてしまって、それが原因で機器や配管の破損にもつながってしまいます。このようなことを避けるためにも、もし旅行に出かけるようなことがあったとしても、家族の内の誰か一人は家に残って給湯器の使用を継続するようにしています。

太陽光発電 電気代

万が一、全員が長期で自宅からでかけてしまう時には、給湯タンクの水を抜いておいて、配管を空にしておくことなども場合によっては行っています。しかし、水抜きをしてしまった給湯器はそのままで使用してしまうと空焚きになってしまい、それも故障の原因となってしまいますので注意が必要ですけどね。

電圧検出器|アナログ,電源ICのトレックス・セミコンダクター(TOREX)

我が家ではこれだけ気をつけて給湯器を使用していることから、ほとんど故障はありません。しかし、どのように大切に使用していたとしても10年目からは給湯設備の不具合が認められることもありますから、安定してお湯の供給を維持する為にも家計と相談しつつ、今の給湯器を使用し始めて10年目の今を目途に新しい給湯器の購入を検討も考えているところです。