アミノ酸が多いたんぱく質は良質

よく、「アミノ酸が多く含まれた良質なたんぱく質」という言葉を耳にしませんか?これは一体どういうことなのでしょうか。
アミノ酸が多く含まれているというには、アミノ酸という栄養素が量的に多く含まれている、ということではありません。9種類の「必須アミノ酸」がまんべんなく均等に含まれている、ということなのです。
アミノ酸というものは自然界に約500種類以上存在すると言われています。そのうちの20種類のアミノ酸がたんぱく質を形成しています。

プロテイン オススメ

私たちが肉や魚、豆腐などを食べることでそれらの食物からたんぱく質を体内に取り入れます。そして、そのたんぱく質をアミノ酸に分解し、そのアミノ酸を再び体に必要なたんぱく質へと組み替えます。その時に、11種類のアミノ酸は不足分を体内で合成して補うことができるのですが、残りの9種類は食物から摂取することでしか体内に取り入れることができません。そこで、その9種類のアミノ酸のことを特別に「必須アミノ酸」と呼んでいるのです。

事業報告書|大学紹介|東京経済大学

必須アミノ酸とは、トリプトファン、リシン(リジン)、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジンを指します。これらが全種類、まんべんなく含まれる食物には「アミノ酸が多く含まれた良質なたんぱく質」の称号が与えられるのです。
その称号を与えられた食物の代表的なものが卵です。卵はアミノ酸スコア(必須アミノ酸のバランスを点数化したもの)が100点の食材です。美味しくて栄養価が高いだけでなく、たんぱく質の質も大変素晴らしいものなのです。それが完全食品と言われる所以です。

Research:CaMKIIの役割

一口にたんぱく質といっても、大変奥が深いものなのです。